中高年転職事情

中年世代の転職事情。夫43歳(SE)の転職活動。

夫が働いていた会社が民事再生になりました。民事再生って聞き慣れない言葉ですが、ザックリ言うと事実上の倒産です。

夫の会社が民事再生法を適用されたことで、夫はやむを得ず転職活動をすることになりました。

社員に民事再生法が適用された事を知らされた時点では「とりあえず雇用は継続する」との事だったのですが、今後会社がどんな形で落ち着いていくのかは分からない状態でした。

民事再生法を適用された後、再生を果たす企業があるのも事実ですが、残念ですが再生出来ずに終わってしまう会社の方が多いのが現状です。

また、企業の再生を試みる過程で「コスト削減」の名のもとに社員が大量に解雇される可能性も否定できないのです。

もし夫と同じように会社が民事再生になってしまった方がおられたら…とにかく転職を考えてください。

転職夫
転職の決意は早いに越した事はありません

転職応援妻
1歳でも若いうちに!

実際に転職しないまでも、転職するための準備だけはしておいてください。これから追々と書いていきますが、実際に夫の会社では大量解雇が行われました。

夫43歳(SE)。転職を決意する。

転職応援妻
夫のスペックをご紹介します
  • 43歳
  • 地方公立4大卒
  • 職種、WEB及びサーバー管理、社内SE。

夫は基本WEB関係の技術者なのですが、それて平行して社内SE業務もしていました。

どちらの職種でも手が出せると言うのは強みなのですが、逆に言うと突き抜けた経験と能力が無い…とも言えます。

この経歴が転職活動でどう評価されるのかは謎でしたが、夫の場合「今の仕事つまんない。自分の力を発揮できる仕事をしたい」みたな自分探し的な転職はありません。

転職活動をせざるを得ない状況なのですから、評価がどうあれ頑張っていくしかありません。

転職活動は想像以上に厳しいものでした

一般的に転職は「35歳まで」とか「40歳まで」とか言われています。

実際、どの求人にも区切りがあって35歳以上、40歳以上の求人を探すのは困難です。

よくWEBの広告で「えっ? 私の年収、安過ぎる?」みたいなところから年収判定すると、夢のような想定年収が出てきちゃったりしますが、あれは信用しないでください。たぶん、その方が幸せになれると思います。

試しに転職サイトに行って、オープン求人をチラ見してみてください。

給与は「◯万円以上。経験考慮」みたいなことが書いているかと思うのですが、面接に行ったところで経験が考慮されて最低金額に上乗せされることはありません。

最低給与からスタートだと思ってください。

そして、オープン求人の場合「正社員」と書かれた募集であっても、実際にフタを開けてみると、派遣だったり契約社員スタートだったり、あるいは試用期間がやたら長かったり……なんて事もよくあります。

転職夫
釣り求人的な物も多かったな

転職応援妻
求人票には罠が一杯仕掛けられていたわね……

大切なことなので、改めて書きます。

40歳以上の転職は、あなたが想像している以上に厳しいです!

でも、だからって諦める必要もありません。

転職するまで頑張り続ける強い心があれば、きっと道は開けてきます。夫が取った具体的な方法については別記事で追々と書いていこうと思います。続きを読む→民事再生についての社員説明会に参加した時の話

合わせて読みたい

中高年・40代の転職事情。まとめ・記事一覧

中高年の転職に関する記事をまとめてみました。転職活動をスタートすると、様々な疑問が出てくるかと思います。「在職しながらの ...

民事再生  退職金  解雇  どの世代が切られるか?

履歴書  写真  本人希望記入欄

転職活動辛い  決まらない  迷信とご利益  お金

転職後  昇進  出戻り転職  ボーナス

-中高年転職事情
-, , ,

© 2022 夫の転職を支える妻のブログ