面接攻略

働きながらの転職活動。平日設定の面接。どんな理由で会社を休む?

中高年で転職活動をする場合リストラ等でやむを得ず失業したのでない限り、働きながら転職活動をする事をオススメします。

しかし、実際に「働きながら次の仕事を探す」となると何かと難しい問題が山積みです。仕事で疲れて帰宅してから職務経歴書や履歴書を作らなければならないため体力的にも厳しい物があります。また仕事中に転職活動エージェントから電話が入って、昼休みに社外でコソコソと折り返しの電話を入れたりと気の休まる暇がありません。

しかし最も難しいのは「平日に指定された面接に行く事」だと思います。フレックスタイム制があったり、代休を取りやすい職場なら問題ないのですが、そうでない場合は平日設定の面接に行くのは難しいのではないでしょうか?

転職夫
俺自身、会社を休んで
何度か平日設定の面接を受けています

転職応援妻
面接日を平日の昼間に指定してくる企業って
ちょくちょくあったよね

今回は平日に行われる面接に行くために会社を休むコツについてお届けします。

平日設定の面接に行くには?

転職応援妻
有給を使う…って言っても
たびたびだと目立つよね

転職夫
毎回、親戚に死んでもらうのもな…

中高年の中途採用者を募集している企業は、転職者が平日の面接にに出難い事は承知してくれている事があります。場合によってはば平日でも通常業務が終わった夜の時間に面接を設定してくれたり、土曜日に時間を取ってくれる場合もあります。転職エージェントやハローワーク経由で応募した場合はダメ元で担当者に聞いてみてください。

「働きながら転職活動をしている人」に対して寛容な企業もありますが、中途採用者を募集したら凄い人数が殺到するような企業の場合「うちで働きたい人間なんていくらでもいる」と言うことで、日時の変更してくれないケースも少なくはありません。

この場合は面接を諦めるか、病欠なりなんなりの理由をつけて仕事を休む意外に方法がありません。

転職夫
平日設定の面接を蹴っていたら
いつまで経っても決まらないよな…

転職応援妻
そもそも書類選考を突破するだけでも
大変なんだものね…

平日に休むための根回し

どうしても平日の昼間に面接へ行く必要がある場合はどうしたら良いのでしょうか?

「どうせ出て行く会社だから、まぁいいか」と、その場しのぎの嘘を重ねていく事も可能ですが、転職活動が長引いてくると何度も同じ理由が使えなくなってきます。そのため、事前に休みやすいように根回しをしておく事が必要です。

理由は何でも良いと思います。中高年の場合、親の介護や自分自身の健康問題など、理由は色々と考えられると思います。

親の具合が悪くて、入退院を繰り返しています。急に休まなければならない事があるかも知れませんが、休日出勤等で対応しますので、よろしくお願いします。
最近、持病の腰痛が悪化していて、これ以上悪化した場合、出勤できない事があるかも知れません。ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いいたします。

転職夫
俺の場合は
親が病気…って事にしていました

転職応援妻
親の病気は世代的に使いやすいですよ

嘘も方便とはよく言ったもので、じっくり考えれば自分に見合った理由が浮かんでくるのではないでしょうか? 「ちょくちょく休んでも怪しまれない理由」を作って職場で公言しておくと、いきなりの欠勤よりは職場からの理解を得やすいかと思います。

仮病(風邪)や冠婚葬祭はどうなのか?

転職夫
冠婚葬祭は使わないようオススメします

転職応援妻
仮病もマズイですよ

急な欠勤の言い訳と言うと、仮病や冠婚葬祭が定番ネタです。しかし転職活動の場合、長期間に渡ってちょくちょく休まなければならないパターンも考えられます。その都度、冠婚葬祭を使っていると「アイツの親戚は何人いるんだ?」なんて事になりかねません。

風邪等の急な病気も度重なると不自然ですし、何より万が一外出先で職場の人間と遭遇した時に目も当てられません。「親の病気」や「持病」の場合は「病院がこっちにあって…」と言う言い訳も出来るかと思います。

まずは職場での根回しを!

休みの取りやすさについては、会社によって事情が変わってきますから、事前に根回しするのが難しい会社もあるかと思います。しかし急な面接が入って、その都度適当な言い訳をするよりも、しっかり設定を考えて事前に前振りをしておいた方が話がスムーズに進むかと思います。

「どうせ辞める会社」とは言うものの「立つ鳥跡を濁さずで」はありませんが、出来るだけスマートに欠勤していただきたいと思います。

-面接攻略
-, ,

Copyright© 夫の転職を支える妻のブログ , 2020 All Rights Reserved.