面接攻略

中高年が転職活動の面接で「年齢」を突っ込まれた時。答え方の具体例。

40代、50代の中高年の転職活動は面接まで辿り着くのが大変です。だからこそ面接ではしっかり答えて次の段階に進みたいところ。

6c5b6d7dfe2e62266c31e4cbd81ffe70_s

面接の雰囲気は相手先企業によってガラリと変わります

やたらフレンドリーなところもあれば、圧迫面接丸出しのところも。  面接で経歴やスキルについて聞かれた場合でしたら、それなり自信を持って返答出来ると思うのですが、自分にとって「嫌な質問」ばかりしてくるような面接があるのも事実です。今回は40代以降の転職でありがちな「年齢」について突っ込まれた時の対処法について書きたいと思います。

転職応援妻
年齢の問題については避けては通れないよね

転職夫
実際、突っ込まれた面接は
けっこうあったな…

年齢について突っ込まる面接

ところで、あなたは応募資格の年齢を超えていますね
実は応募者の中であなたが最年長なんですよ
転職夫
これは俺が転職活動中実際に
面接で聞かれた質問です

転職活動をされる中で、もしかしたら年齢制限を越えていても「あえて」応募する事があるかも知れません。

夫も年齢制限以上の企業に応募して面接まで漕ぎ着けた事があります。面接で年齢の事を突っ込まれると、一瞬「もしかしたら、中年は遠慮して欲しいって事?」などと不安になってしまうかも知れませんが採用する企業だって暇じゃないんです。

面接に呼ばれると言うことは「採用してもいい」という意志表示です。

なのに「あえて」嫌な質問をぶつけてくるのは年下の上司に従えるか、あるいは新しい仕事に馴染める柔軟性があるかどうかを知りたいと言うところに他なりません。

質問のねらいは2つあると思います。

・同僚とチームワークが保てるかどうか?
・前職の習慣や仕事のやり方を捨てる事が出来るか?

ですから、年下の上司や同僚とも上手くやっていけるというアピールと、柔軟性には自信があるというアピールが効果的だと思います。また、年齢が高いと言うことは、そのぶん社会人としての経験が豊富でコミュニケーション能力が高いとも言えます。その点を考慮して回答してください。

年齢を突っ込まれた場合の具体的な回答例

回答例

はい。確かに御社が設定されている応募資格の年齢を3年ほど上回っています。しかし年齢を重ねた事で多くの経験を積み、豊富な人脈も持っております。また、取引先では私より若いクライアント様が多かったため、若い方仕事をすることに抵抗はありません。また、この年齢になるまで様々なプロジェクトと携わっており、何事にも積極的に取り組んでいく姿勢は変わっておりませんので、御社の経営方針にも充分適合出来ると思います。

NG回答

年齢は高いですが若い人に負けないよう頑張ります!

→若い社員は「敵」ではありません。求められているのは協調性です。

年齢は越えていますが、その分経験は豊富です。特に前職では部下の教育に力を入れておりました。

→企業は自社ルールさえ知らない中途採用者に「若手教育」は求めていません。

まとめ

面接官が知りたいのは「若い人と上手く仕事が出来るかどうか」なのです。

リクルートエージェントの面接セミナーでも中途採用者が「部下の教育」を口にするのはNGと言われていました。人事のプロが社員教育をする部署に採用される場合でもなければ、企業は中途採用者に「若手教育」は求めていません。

転職応援妻
中高年はうっかり
若手教育について
口にしてしまう傾向が強いそうです

転職夫
面接セミナーでも注意を受けました

面接で年齢の事を突っ込まれた時にアピールするのは「協調性」と「柔軟性」です。面接までに是非あなたなりの「協調性」と「柔軟性」のアピールポイントを考えて、質問に対する回答を万全に準備してください。

-面接攻略
-, , ,

Copyright© 夫の転職を支える妻のブログ , 2020 All Rights Reserved.