面接攻略

転職活動で押さえておきたい面接の基本的なマナー。入室から退室まで。

中高年の転職活動において「面接」は最大の関門です。このサイトでは面接のコツを少しずつお届けしていますが、今回は基本的なマナーにつてです。面接の受け答えについては練習しても、人によってはなかなか苦手意識が抜けない方もおられるようですが、基本的なマナーは誰でも出来る事ばかり。必ず押さえておいて戴きたいと思います。

面接の基本的なマナー

転職夫
面接のマナーなんて
誰でも知ってるでしょ?

転職応援妻
その思い込みが危険みたいよ

事前準備を忘れずに

面接を受ける場合、必ず前もって相手先企業について調べてください。「自分(自社)に興味を持たない人」を好きになれるはずはありません。面接は短い時間で面接官と人間関係を作らなければならないのですから、こちらからの好意を最大限に伝える必要があります。

転職夫
企業研究はホント大事です
何を聞かれるか分かりませんからね

また業務内容や新商品(新企画)につていし、面接で質問される場合がありますし「何かそちらから質問はありますか?」と言うのも面接では定番の質問です。さっと答える事が出来るように準備をしておいてください。

身だしなみはバッチリですか?

爪を切っておく。靴を磨いておく。髪もきっておく。Yシャツは清潔でアイロンがかかっている。スーツも美しい状態。どれが欠けても不適切です。持って生まれた容姿はどうする事も出来ませんが「清潔感」は努力する事でどうにでもなります。

転職夫
爪と靴は忘れがちかも

転職応援妻
面接前に爪を切るのは
習慣化してくださいね

面接当日は5分~10分前に到着しましょう

面接会場には5分から10分前には到着しておいてください。会場に入る前は最寄り駅等で身だしなみチェックとトイレを済ませておいてください。

もしも時間に間に合わないような事態に陷ってしまったら、電話でその旨を連絡してください。転職エージェントやハローワークを経由しての面接の場合は、相手先企業と転職エージェントやハローワークの担当者の両方に連絡してください。

転職夫
遅刻した経験はないけれど
交通トラブルとかあるかも知れないね

転職応援妻
遅刻しそうな場合は連絡が必須です

スマホや携帯電話の電源は切っておく

面接の時はスマホや携帯電話の電源は切っておいてください。「常時マナーモードだから関係ないな」と思っておられる方は要注意。面接中にヴァイブレーションの音が聞こえてくるのは好ましい事ではありません。

転職夫
俺、電源切ってなかった…

転職応援妻
スマホが盛大にブルブルしたら
マナーモードでも気まずくなるよ

控室でも見られている心得る

控室で他の応募者と雑談するのはNG。待ち時間が長い場合は面接を受ける企業の会社案内や、自分で作成した資料チェックしてください。スマホいじりはもちろん駄目です。担当者が来たら、椅子に座っていても立ち上がって挨拶をします。

入室の際に気をつけること

入室の時のドアのノックは2回です。中から入るように指示があったら入ります。入室したらドアの前で「○○と申します。よろしくお願いします」と一礼。椅子に座る時は「おすわりください」との指示があってから一礼して着席します。

鞄の置き場所について

薄い鞄であれば椅子の背もたれと背中の間に挟んでください。大きな鞄は足元に置きます。机の上に鞄を置くのはマナー違反です。

転職夫
俺は背もたれ派でした

転職応援妻
鞄によっては足元に置いてください

履歴書・職務経歴書の渡し方

履歴書や職務経歴書は事前に渡しているかも知れませんが、渡していない場合は封筒に入れた状態で、両手で手渡してください。その時「よろしくお願いします」と挨拶します。無言で出すのは止めてください

場合によっては面接官から名刺を戴く事があるかも知れませんが、こちらから渡す必要はありません。

名刺を渡された場合は一般的なビジネスマナー通り両手で受け取って机におきましょう。戴いた名刺を片付けるのは面接が終わってからにします。

面接中の姿勢

座っている時の姿勢に気をつけてください。猫背だったり、胸を張り過ぎてたり、腕組みをしたり、ダラっと座るのはNG。背筋を伸ばして手は膝の上で軽く組んでください。

退出する時

面接が終わったら、椅子から立ち上がって「本日はお時間を戴きありがとうごさいました」と言って一礼します。最後にドアのところでも「ありがとうごさいました。失礼いたします」と一礼してから退出します。

転職夫
あ。退室する時に
一例してなかったか

転職応援妻
意外と忘れちゃう人が多いみたい

まとめ

いかがでしょうか? すでにご存知の事ばかりかも知りませんが、もし抜けているところがあれば以降の面接で改めてください。人間の印象は最初の5分間で決まると言われています。

少しでも印象を良くするためにも面接に挑む時は、最低でも基本的なマナーを押さえて戴きたいと思います。

-面接攻略
-, , , ,

Copyright© 夫の転職を支える妻のブログ , 2020 All Rights Reserved.