転職活動記録(43歳)

23 40代の転職活動。応募9社目。

夫、42歳の転職活動。8社目の面接は最終面接で残念な結果になりましたが、転職エージェントの選考に漏れた後、自力応募であそこまで頑張れたと言う事実はちょっとした自信になりました。

転職夫
内定が出なかったのは残念だったけど
自信にはなったな

丁度、この時期は民事再生法を申請した現職場での節目の時期でもありました。正式に事業譲渡が行われ、夫はどうにかこうにか事業譲渡先への転籍が決まっていました。

しかし、事業譲渡先での待遇は決して良いとは言えず、引き続き転職活動は継続することに。転職エージェント経由での応募と転職サイト経由での応募を併用して、あれこれ当たってみるものの、その後はしばらくお祈りの嵐が続きました。

転職エージェントからスカウト

そんな中、今までお付き合いの無かった転職エージェント経由でスカウトが来ました。

転職サイトに登録していた夫の経歴から声がかかったようです。大阪の地域密着型の住宅会社。ここ数年、支店を次々と増やしている成長企業。職種は社内SE。転職会議や2ちゃんねる等で評判を調べてみたのですが、不思議と口コミが出てきません。地元密着型の中小企業とは言うものの「何もない」となると判断のしようもありません。転職エージェントの担当者さんが言うには「成長中の安定企業ですよ」との事。

転職応援妻
口コミが全く無い会社って
ちょっと不気味よね…

転職夫
そうは言っても断るのも
モッタイナイ的な感じがなぁ

正直、喰いついてもいいのかどうか判断できない求人ではあったのですが、他に面接のあてもなく転籍先での待遇が悪いとなれば、とりあえず受けてみるしかありません。書類選考は難なくクリア(スカウトなので当たり前ですが)面接に進むことになりました。

面接は土曜日の午後。規模が小さい企業ということもあって、いきなり社長が来るとのこと。イマイチ実態の分からない企業ではありましたが、とりあえずHP等で企業研究をして面接に望むことになりました。

続きを読む

-転職活動記録(43歳)
-, , , ,

Copyright© 夫の転職を支える妻のブログ , 2020 All Rights Reserved.