中高年転職事情

中高年の転職活動。ハイスペック求人の内定を勝ち取る方法。

40代、50代と言った中高年の転職活動は若い人の転職と違って、これまで培ってきた技術や経験が物を言います。

しかし求人票を見て「あ。これは俺には無理だ」と思わずため息が出てしまう事は無いでしょうか? 中高年を中途採用で募集している企業の要求は無茶振りとしか思えないほどハイスペックな要求を突きつけてくる事があります。

今回は、レベルの高い求人でも内定が出るケースについて書いてみます。

転職応援妻
お給料の高い求人って
たいていビックリするほどハイスペックよね

転職夫
でも「そんなヤツおらんやろ?」
って思うこともあるな

ハイスペック求人に挑む

転職サイトや転職エージェントのの求人票に書かれている募集要件は、色々なパターンがあります。基本的には強力な必須条件と言うよりも「これは最低条件です」くらいの事が書かれているケースが多いと思います。例えば……

経理の経験3年以上
営業経験3年
TOEIC600点程度

このように、一定の条件を満たしていれば申し込めそうなケースは当然応募者はそれなりの数になるので、そこで勝負をして内定を得なければなりません。しかし、求人票の中には「ちょ。そんな奴おらんやろ」とツッコミたくなるような条件もあります。

ハイスペック過ぎて応募者がこ来ない…

転職サイト等で求人をチェックしていると自分には手が届かないようなハイスペックな求人に行き当たる事もあるかと思います。

○○業界で、海外営業経験10年以上
TOEIC800点以上
海外事情の立ち上げに主体的に携わったことがある
システム開発のリーダー15年以上
SAP ソリューションコンサルタントの資格あり
化学関係のシステム経験あり

全く不可能ではなさそうですが「それだけのスキルのある人が転職エージェントや転職サイトを利用して仕事を探しているのか?」と言うと正直言って微妙です。

実際、あまりにもハイスペックな求人は回転寿司のようにずっと回っている事があります。

転職夫
転職サイトを見ていても
ずっと募集かけている求人ってあるよね

しかし採用側も駄目だと思えば条件を緩めるしかありません。「ギリギリかな」とか「無理かな」と思って応募してみたところ、そのまま内定が出た……なんてケースがあります。夫の場合、面接の結果、内定は出ませんでしたが、年齢オーバーの企業でも2次面接に進んでいました。

転職エージェントが押してくる事も

転職エージェントも企業が無茶な求人を出している事は認識しつつ、企業側の条件に満たしていないのに案件を進めてくる事があります。そういう場合は「無理」と決めつけてしまわないで、1度チャレンジすることをオススメします。特に企業が募集をかけてから半年以上立っている案件は狙い目です。もしかしたら、条件を下げてくるかも知れません。

転職夫
俺も実際、年齢で諦めていた求人が
年齢制限を解除したと言うことで
応募した事があります

「俺の実力はこれくらい」と自分の実力を把握しておく事は大切ですが、自分の実力より「ちょい上」あたりを視野に入れてみてください。

応募する企業の幅が広がり時としてそのまま内定が出ることもあります。

ハイスペック求人でも最初から「俺には無理だ」と諦めてしまわずにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

夫の体験

年齢制限を下げてきた企業に応募してみる

-中高年転職事情
-, , ,

Copyright© 夫の転職を支える妻のブログ , 2020 All Rights Reserved.