中高年転職事情

悲報!40代・50代の転職。転職の失敗が貧困を招く?

40代、50代と言った中高年の方が転職を志すには様々な理由があるかと思います。

かつて日本は1度就職した会社に定年まで働くスタイルが主流とされてきました。しかし、終身雇用制が崩壊しつつある現在、転職するのは決して珍しい事ではありません。しかし転職は本当に最良の選択なのでしょうか?

転職夫
俺の場合は会社が事実上倒産したから
転職するしか無かったんだけどね

転職応援妻
転職して良くなるかどうかなんて
誰にも分からいよね

転職の失敗=貧困は本当なのか?

ここに恐ろしいデータがあります。週間スパに掲載されていた記事によると、40代の貧困層に「貧困に陥った原因」を調査したところ、なんと1位に上げられていたのが「転職の失敗」なのです。

貧困に陥った理由

1位 転職の失敗
2位 給与カット
3位 肉体的な病気や怪我
4位 リストラされた
5位 メンタル系の病気になった
6位 浪費
7位 教育費
転職夫
転職の失敗が1位って
マジか……

貧困に陥った人が「やってしまった」共通のこと

これ以外にも、実はもう1つ興味深いデータがあります。こちらも週間スパに掲載されていた記事ですが「貧困に陥った人の共通点」が上げられていました。なんと「次が決まっていないのに会社を辞めた」と言う項目があります。

・臨時出費用の貯金が無い
・経済的な困窮に「見て見ぬふり」をしてきた
・「どうなかなるだろう」と言う楽観視してしくった
・転職先が決まっていないのに会社を辞めた
・投資話や儲け話に手を出して失敗

働きながらの転職活動をオススメします

転職される方の中には働いていた会社が潰れたり、潰れないまでもリストラにあったりして「やむを得ず」と言う形で退職を余儀なくされるケースがあるかと思います。

しかし、それ以外の理由なら会社を辞めるのは転職が決まってからにしてください。仕事を続けながらの転職活動が大変なのは言うまでもありませんが、やってやれない事はありません。

転職夫
俺は働きながらの転職でした
身体は相当キツイですが
やれない事はありませんでしたよ

ブラック求人に飛びつかない!

転職活動が長引いてくると「内定が出たらどこでもいいや」と転職を決めてしまたいたくなります。ですが、それで良いのでしょうか?

景気は上向いていると言われていますが、退職金ゼロ、年収300万円未満、昇給の見込み無し……なんて求人が存在します。求人票には良いことを書いていたのに、面接に行くと「あれ? なんだか話が違うんだけど……」なんて事は珍しくありません。

転職活動に苦戦していると、求人票に書いていた事と違う待遇を提示されても「とりあえず内定が出たらいいかな。働いているうちに昇給するかもしれないし……」などと、その場しのぎの事を考えてしまったりするのですが、納得のいかない話には絶対に乗らないでいただきたいと思います。

転職夫
転職活動長引くと
内定が出たらどうでもいいや
…みたいな気持ちになるのは分かる

転職応援妻
夫にもそう考えていた時期がありました

まとめ

いかがでしょうか? 今回はあえて嫌な話を書かせていただきました。ですが、どうせ転職をするのであれば生活レベルが「現状維持」もしくは「少し苦しいけれど頑張れないこともない」程度で維持したいものです。

夫も40代での転職経験者だけに転職が原因の貧困に陥らないように気をつけて戴きたいと願ってやみません。

合わせて読みたい

実話
おすすめ
本当にあった転職者の話。転職後の収入減。副業にアルミ缶を拾う。

40代、50代といった中高年が転職活動をするのは並大抵の事ではありません。「経験者優遇」って言葉、あれ、たぶん死語です。 ...

40代、50代の転職。住宅ローンは大丈夫ですか?

40代、50代の中高年の方が転職を考えておられる場合、その理由は様々です。筆者の夫の場合、勤めていた会社が民事再生を申請 ...

-中高年転職事情
-, , , ,

Copyright© 夫の転職を支える妻のブログ , 2020 All Rights Reserved.