妻に出来ること

初めての転職活動。夏のボーナスを貰って辞める場合の心得。

転職活動をはじめるのタイミングって色々あるかと思います。

私の夫のように「会社が潰れたから転職ぜざるを得ない」なんて場合は時期なんて選んでいられませんが、一般的な転職の場合は「ボーナスをもらってから辞める」と考える方が多いかと思います。

夫が夏のボーナス後に転職する場合、妻の心情からすると「暑い時期だし、ちょっとゆっくりしてもらってもいいかな。夏の間に転職先を決めて、秋から働いてくれれば……」なんて事を思うのではないでしょうか?

今回は「夫が夏に転職する妻」に向けてのアドバイスをメインに夏の転職活動についてお届けします。

夏のボーナスを貰ってからの転職活動

「ボーナスを貰ってから辞める」と言う考え方は私も賛成です。

貰える物は貰っておくに越したことはありません。

転職する場合、次に働く会社でボーナスがすぐに出るとは限らないのです。

ボーナスは「当たり前に貰えるもの」ではなくて「会社の業績が良ければ貰えるもの」です。

それに会社規定で、1年以上勤務しないとボーナスが出ないケースも少なくありません。出たとしても「寸志」だったり。

「寸志」でさえ期待しない方が良いでしょう。「5万円くらいあったらいいな」なんて夢見ちゃ駄目です。

「子どものお小遣い程度でも戴けたらラッキー」くらいに考えておいてください。

転職応援妻
ちなみに夫が転職先でもらった最初のボーナス(寸志)はズバリ5万円でした

転職夫
無いだけマシって感じです

どこのご家庭も厳しい家計をやりくりされているかと思うのですが、もしかしたら、しばらくボーナスにはお目にかかれないかも知れません。

手にしたボーナスを大切に使うのはもちろんの事ですが、最後のボーナスは転職活動のモチベーションを上げるためにも「夫が使うお小遣い枠」をキッチリと確保して戴きたいと思います。

転職応援妻
節約も大事ですが夫のモチベーションを上げていくのは転職活動では何より大事な事なんです

転職夫
転職活動中は凹むことばかりで気持ちを保っていくのがマジで大変なんです

夏の転職活動

夏の転職活動は過酷です。

「学生さんだって就職活動してるじゃない?」と思われるかと思いますが、若くて体力のある現役学生さんと違って、40代、50代ともなると夏の暑さは身体に堪えます。

特に普段から外回りに慣れている方なら大丈夫かと思うのですが、室内で仕事をしていた方にとって、日中の移動は予想以上に疲れるものです。

アスファルトの照り返しの中を歩いて、面接先はガンガンにエアコン。そしてまた暑い中の移動。体力的に相当厳しいかと思うので、サポートして差し上げて欲しいと思います。

転職夫
ここ最近は夏の暑さが厳しいからなぁ

転職応援妻
猛暑日なんて当たり前になってるしね

お盆休みの壁

夏の転職活動には「お盆休み」と言う大きな壁があります。

最近は夏季休暇をズラして取る企業も増えてきましたが、それでも一般的なお盆休みを設けている企業もまだまだ少なくありません。

「担当者が休みで対処出来ない」という理由で求人を出すのを一時的にストップする企業もありますし、選考が長引いたりするケースもあります。

「求人が無い」とか「面接したのに返事がこない」とか思うように転職活動が進まなくても「当たり前」だと受け止めて戴きたいと思います。

転職夫
長期間の休みの前は求人が動かないと思ってください

転職応援妻
うちはお正月休みに苦戦したよね

夏の転職活動は「慣らし期間」だと思って!

家計の事などを考えると「秋から働いて欲しい」と思う気持ちは痛いほど分かります。

ですが夏の転職活動だけで転職先を決めるのはかなり難しいかと思います。

イライラせずに「夏の転職活動は秋から本格的に活動するための慣らし期間」と言う気持ちでいることをオススメします。

転職夫
ハッキリ言います。1ヶ月やそこらで内定をゲットするのは相当厳しいと思ってください

転職応援妻
夫の転職活動は長くかかると覚悟してくださいね

もちろん、夏の転職活動で再就職を決める事が出来ればそれに越した事はありません。ですが「中高年にとって夏の転職活動は他の時期よりも厳しい」と言う事を頭の隅に留めて戴きたいと思います。

合わせて読みたい

転職後、2回目のボーナスの時の様子

賞与
転職後1年未満のボーナスの支給額。43歳SEの場合。

12月に入ってボーナスが支給された方も多いかと思います。もしかすると、このブログをご覧になっていると言う事は「ボーナスを ...

-妻に出来ること
-, , ,

Copyright© 夫の転職を支える妻のブログ , 2020 All Rights Reserved.