転職活動

転職後の状況

夫。47歳。転職して4年目の近況。【年収・労働時間・人間関係】

夫が43歳で転職して4年が経ちました。

転職後の経過など興味のない方も多いかとは思うのですが、以前「転職後の報告も続けます」と書いた手前、サイトが続く限りは報告を続けていきたいと思っています。

転職して4年、流石にそろそろ「会社の人間」になったのかな…と言う感じになってきたように思います。

転職4年目の夫

転職して良かったかどうか

昨年に引き続き「転職して良かった」と思っています。

夫の場合、前職場が民事再生で事実上倒産していましたから、転職するしかなかった…と言う事情もあります。しかし実際は事業譲渡先に転籍して、そこで居続けると言う選択もあった訳です。

転職した今の職場も楽じゃありません。しかし前職場に残って心を病んでしまった夫の同僚を見るにつけ「あの職場に残らなくて良かった」と思わずにはいられません。

転職後の給与について

転職4年目。給与は確実に上がってきています。ただ「夢のように上がった」とまではいきません。

今の御時世「現状維持」か「現状維持ちょいプラス」ぐらいがあれば御の字なのかな…と思います。

ようやく昇進をちらつかせてくるようになった…とのこと。しかし、ただでさえブラック気味な職場なのに、昇進して責任が重くなのるはどうなのかな…と言う気持ちの方が強いのが本音です。

労働時間について

これについては転職前とさほど変わりません。残業代が出る分だけ良しとするべきなのかな…と思っています。

転職4年目に入り、職場での立場が重くなるにつれ「付き合い」が増えてきました。夫は職場の人と飲むよりもプライベートを大切にしたい派なので「会社の経費で飲むより早く家に帰りたい」思っているようです。会社の付き合いってサービス残業のようなものなので、これについては全く同意です。

新しい職場に馴染めているかどうか

4年目ともなると、人間関係的には安心かな…と言う気がします。ただ職場に慣れてきた分だけ不満が出てきたのも事実です。中途採用者なので「生え抜き」の人達とは扱いが違うと部分がなきにしもあらず。もちろん、このあたりの事は覚悟の上です。

そして夫は自分よりも若い世代の人との付き合いに難渋しているみたいです。ただ、この問題は転職してもしなくても変わらない気がします。

業務の重さについて

これについては年々大変になっているな…と言う印象です。

年齢的、キャリア的に考えても役職が重くなる訳ですから仕方がないと言えば仕方がない話。意識高い系の人なら問題ないかと思うのですが、夫はライベートを大切にしたい派の人なので、かなりしんどそうではあります。

妻の目から客観的に見てどう思うか

転職して2年目の時は「転職して良かった」と言う気持ちしかありませんでしたが、今は「転職して良かったと言えば良かったけど…」と言う気持ちの方が強くなっています。

夫の場合「前の会社に居続ける」と言う選択肢はなかったのですが、じゃあ今の会社が良いかと言われると…と言う感じです。

要するにブラックでしんどい…ってことです。

まとめ

いかかでしょうか? 夫は転職して4年目が過ぎました。

夫と似た時期に入社した人、あるいは夫より後に入社してきた人の中にもすでに脱落した人は多いようです。中高年層を途中採用しようなんて会社はブラックである率がかなり高いと思います。

実際、辞める人がいなければ中途採用はないんですよね。

分かっていた事とは言うものの、転職先はパラダイスではありませんでした。ただ、今も夫は働き続けてくれていますし、年収的には安定かつ上向いています。世間的にみると夫の転職は成功だったと思います。

ただ、中高年が働くとなると、どこにいても大変な事には変わりないな…と言うのが正直な感想です。

もし来年もこのサイトが続いていてたら夫のその後をご報告したいと思います。

夫、まさかの転職活動2回目に突入

転職活動

残念なご報告です。夫は再び転職活動をする事になってしまいました。

転職夫
定年するまで働くつもりだったんだけどな

転職応援妻
中高年の転職は難しいね

「夫と似た時期に入社した人、あるいは夫より後に入社してきた人の中にもすでに脱落した人は多いようです」と書きましたが、まさか夫も同じ道を行くとは思ってもいませんでした。

夫の転職活動、2回目のスタートです。

夫、2回目の転職活動へ

続き
転職活動
悲報。47歳になった夫が再び転職活動をするようです。

当サイト『夫(43歳)の再就職を支える妻のブログ【民事再生から就職への道】』では、働いていた会社が民事再生になり、転職を ...

-転職後の状況
-

Copyright© 夫の転職を支える妻のブログ , 2020 All Rights Reserved.