面接攻略

40代の転職活動。面接対策。転職理由を考える。具体例をご紹介します。

40代の転職活動で最難関となるのが面接だと思います。

特に困るのが転職理由ではないでしょうか?

夫の転職活動中は「もう、そんなのお察しなんだから聞かないでよ」といつも思っていました。実際、勤めている会社に何の不満もない人は転職なんて考えないものです。そして、そんな事は採用する側だって分かっています。それでも何故か聞かれる転職理由。企業はどうして転職理由を知りたがるのでしょうか?

転職理由を聞かれる理由

企業があえて転職理由を聞くのには理由があります。

それは中途採用者を採用してもすぐに辞められては困るから。

応募者が「何故、転職するのか」を知っておく必要があるのです。そして、もう1つ。応募者の人柄のチェッ
にもなっているようです。不満ばかり口にする人を雇いたいとは思いませんよね。

面接で退職理由を聞かれても不平不満はNGです。

転職夫
当たり前なんだけど
不満がなければ転職しないよな

転職応援妻
それは企業も分かった上で
聞いてくるのよね

……とは言うものの、若者ならばいざ知らず、いい年をした人間が「キャリアアップのために転職を決意しました」と言ってみたところで説得力はありません。

結局のところ本当の理由は言わなければならないのですが、本当の理由をオブラートに包みつつ「前向きに頑張りたい」と言う姿勢が必要です。

転職理由の具体例

夫が使っていた転職理由はこんな感じです。転職エージェントの担当者にもお墨付きをもらった転職理由です。

勤めている会社が民事再生法を申請しました。今後の展望に不安があり、安定した会社に行きたいと思ったのも事実ですが、私はこれを1つのチャンスと捉え、今まで培ってきた技術を別の場所で役立てたいと思い転職を決意しました。

リストラに合った場合

不本意ながら会社の業績不振によりリストラに合ってしまいました。しかし、私はこれを1つの聞かだと考えています。採用されましたら御社のために、どんな貢献が出来るかを考えつつ、前を向いて働きたいと思っています。

残業がキツすぎた場合

前職での仕事に忙しく、はやりがいを感じていましたが、将来の事を考えて1つ末のレベルで自分の力を試してみたいと考えて転職を決意いたしました。

ノルマがキツイ

前職ではノルマがありました。もちろん、それがやる気に繋がる事がありますし、成績を上げる事も大切なのですが、私はお客様に喜んでいただけるような仕事をしたいと考え転職を決意いたしました。。そのため、自社のブランドを大切に育て、沢山のお客様に支持されている御社のもとで働きたいと思っております。

色々なパターンが考えられますが

・前向きな転職理由
・前職の不平はオブラートに包む(出来れば言わない)
・ステップアップしたい事をアピール
・自分の力を発揮したい

上記のポイントを踏まえて自分の転職理由を考えてみてください。

転職理由を聞かれない事も

転職夫
転職理由について色々書きましたが
実は転職理由を聞かれない面接も
沢山ありました

面接で転職理由を聞かない企業は少なくありせん。中途採用の場合は転職理由よりも、むしろ「何が出来るか」に焦点を絞った面接をされる会社が多てようです。しかしその一方で退職理由について厳しく突っ込まれて、あげくお祈り……と言う企業があったのも事実です。

転職理由を突っ込まれる場合、たいてい面接の最初に聞かれるかと思います。それだけに躓いてしまうと自分のペースが崩れてしまうため、転職理由についてはよく考えた上、自分自身で声に出して何度も練習してみてください。

-面接攻略
-, , , ,

Copyright© 夫の転職を支える妻のブログ , 2020 All Rights Reserved.