面接攻略

40代、50代。中高年の転職活動。面接でリストラ理由を突っ込まれた時。答え方の具体例。

40代、50代で転職を決意する理由は人それぞれ違っているかと思いますが、リストラ等の理由からやむを得ず転職される方も多いかと思います。

そんな方は面接の場で転職理由を尋ねられても「リストラされたんだから仕方ないじゃないか」と言うところが本音だと思います。実際、リストラは転職理由としては真っ当ですから、恥じる必要はありません。

しかし採用する側はリストラされた人間を温かい目で見てくれないようです。

応募者に何か問題があったからリストラ対象になったのではないか?」と懸念されてしまう事があります。そして面接の場でリストラについて突っ込んでくる可能性があります。リストラで転職される方は転職理由について突っ込まれた時に、しっかり受け答え出来るよう対策する事が必要になってきます。

転職夫
俺は民事再生が理由だったけど
面接で嫌な突っ込まれ方された事あるな

転職応援妻
リストラなんてどうしようもないのにね

面接でリストラを突っ込まれてしまったら?

面接の場でリストラの事を突っ込まれる場合、それに対して落ち込んだり腹を立てる必要はありません。

「リストラされたとの事ですが、全員解雇ではなかった訳ですよね?」
「リストラされた理由について心当たりはありますか?」

こう言う類の質問をされるかも知れないと覚悟してください。そして、ここで言い訳をしたり愚痴を言うのはご法度です。「リストラは俺のせいじゃないだろ?」と理不尽に思われるかも知れませんが、グッっと我慢するところ。そして冷静にリストラの理由を説明してください。淡々と事実を説明するだけで充分です。

リストラの状況を聞かれた場合の答え方具体例

事業縮小によるリストラでしたので、私も含め、縮小する事業に携わっていた社員は全員リストラ対象でした。
若年層と管理職はリストラ対象外でしたが、それ以外の35歳以上の社員がリストラ対象でした。
転職夫
質問に対する答えだけを言ってください
この場合は個人的な感想は必要ありません

リストラへの不満は口にしない

もしかすると「そんな会社の措置はさぞご不満だったでしょうね」などと誘導されるかも知れませんが、誘導には決して乗らないでください。

不満を言うのではなく、ここは感謝の気持ちを口にして印象アップのチャンスです。

リストラに対する不満を誘導された場合の答え方具体例

確かにリストラに対して不満が無いと言えば嘘になります。しかし、あの経営状況の場合、私が経営者だったとしても同じことをしたと思います。むしろ入社してから今まで面倒を見てもらった事に感謝しています。

転職夫
面接セミナーでも
前の会社の不満は口にしないよう言われました

ちなみに。夫はリストラではなかったのですが、会社が民事再生になったため転職を決意しました。夫は面接で民事再生について突っ込まれた時にこう答えていました。

長年勤めていた会社が民事再生になってしまった事は残念ですが、これをチャンスと捉え、新しい会社でチャレンジしたいと思っています

リストラをチャンスと捉える

リクルートエージェントの面接セミナーの講師の方も「リストラをチャンスと捉えてください」と仰っていました。

転職夫
前向きに説明してもなお
ネチネチ突っ込まれるケースもありますが
その場合は、この会社とは縁がなかったと
諦めた方が良いと思います

リストラされた人間の本音からすると「チャンスも何もあったもんじゃない」って感じかと思いますが、面接ではリストラというマイナスイメージをプラスに変えられるよう対策を練って挑んで戴きたいと思います。

-面接攻略
-, ,

Copyright© 夫の転職を支える妻のブログ , 2020 All Rights Reserved.