転職後の状況

転職して2年。夫(45歳SE)の近況。転職して良かったかどうか。【年収・労働時間・人間関係】

夫が転職して2年が過ぎました。ブログタイトルは『夫(43歳)の再就職を支える妻のブログ』ですが2年が経過して夫は45歳になりました。

40代以降…中高年と呼ばれる年代でリアルタイムで転職活動をしていたり「転職した方がいいのかな…」と迷っておられる方にとって「どうしたら良い転職先が見つかるかどうか」と言う事が1番知りたいところかと思います。

それと同時に「実際に転職してみてどうだったのか」も気になるところではないでしょうか?

ネット上には転職ブログは沢山ありますが、再就職で終わっているところが多いようなので、ここでは経過報告を続けていこうと思っています。

転職2年目の夫(45歳。SE)転職して良かったかどうか

「転職して良かったかどうか」と言う問題については夫婦共「良かった」と思っています。

夫の場合、働いていた会社が民事再生になったため転職を決意したのですが、事業譲渡先に転籍した同僚のその後を見ていると残らなくて良かったと思っています。

もちろん、これはあくまでも夫の場合は…の話です。

民事再生後も同じ会社に残って良い結果を出している人もおられるかとは思います。

転職後の給与について

転職時は「転職前の年収よりも60万円アップ」という事でしたが、転職1年目は賞与が満額支給されませんでしたから1年目はイマイチ実感がありませんでした。

そして転職2年目。

年収は確実にアップしています。

業績が良かった事もあるかとは思いますが、夫は会社からそれなりに評価されているのか、ボーナス等に多少色を付けてくれている印象があります。

労働時間について

これについては転職前とさほど変わらないかな…と思います。

決して楽ではありません。残念ながら中高年を中途で採用しようという会社はブラック寄りなところが多いように思います。

新しい職場に馴染めているかどうか

流石に2年目ともなると職場環境に馴染んできている気がします。

現在、夫が働いてる会社は中途採用者が多いこともあって、疎外感は無いようです。

「中途採用者が多い」と言う事はは「退職者が多い」と言う事でもあります。

人員の入れ替わりが激しく、やたら歓送迎会が多い印象を受けます。

そんな中、とりあえず2年続いているのは成功の部類なのかな…と思います。

業務の重さについて

これについては転職1年目よりも大変になっている気がします。

1年間勤務した事で多少、信頼を得た事もあるでしょうし、何より年齢が上がってくると仕方がないのかな……と思います。

妻の目から客観的に見てどう思うか

正直、転職1年目は「本当にやっていけるんだろうか?」と不安で一杯でした。

2年経って、やっと「もう大丈夫かな」と言う気持ちになっています。

今の職場はブラック寄りですが、いわゆる「意識高い系」なので1年間に1回以上資格試験を受けるよう義務付けられているいます。

この2年間で夫は3つの資格を取得しています。これは前の職場ではあり得ない事でした。夫の中には「もし、また転職するような事があった場合に自分を高く売れるように」と言う気持ちがあるようです。

転職2年目の夫を見ていると、大変さは変わらないものの、職場環境に慣れてきた分、余裕が出てきている気がします。

まとめ

いかかでしょうか?

夫は転職して2年が過ぎましたが、同じ職場でも似たような時期に入社して辞めしまった人もいますし、夫より後に入社して夫より先に辞めた人もいますし。

夫の場合「転職して良かった」と断言する事が出来ますが、みんながみんな良い結果を出せるとは限らないかな…とは思います。

これと言って役に立つ情報とは言えないのですが「40代での転職の一例」として参考にしていだたければ幸いです。

合わせて読みたい

3年目
夫。46歳。転職して3年目の近況。【年収・労働時間・人間関係】

夫が43歳で転職して3年が経ちました。転職後の経過など興味のない方も多いかとは思うのですが、以前「転職後の報告も続けます ...

悲報
転職活動
悲報。47歳になった夫が再び転職活動をするようです。

当サイト『夫(43歳)の再就職を支える妻のブログ【民事再生から就職への道】』では、働いていた会社が民事再生になり、転職を ...

-転職後の状況
-, , , ,

Copyright© 夫の転職を支える妻のブログ , 2020 All Rights Reserved.